アスリートのトレーナーになることも

理学療法士の資格は身体機能が衰えた一般の方々のみが対象というわけではありません。 場合によってはプロのスポーツ選手、アスリートを患者として抱えることもあります。 いわばスポーツトレーナーのような仕事をすることもあり、有名選手の専門トレーナーにもなれる可能性もあります。 アスリートにとって身体は資本そのもの、自分の思い通りに動く身体へと調整していくことが理学療法士トレーナーのメインの役割となります。

理学療法士としての知識はトレーナーになっても光るものばかりです。 身体機能を回復させるための技能や知識がメインですが、この他にも基本的な医学、医療の知識が無ければ資格を取得することができず、 この知識を応用することによって、アスリートの身体を支えていくことになります。

具体的には身体を回復させるためのマッサージなどは、医学の知識があれば、より効率的に回復させることが可能になりますし、 ケガを予防するために必要なトレーニングなども組み込むことが可能になります。 このように、理学療法士の資格はより有能なトレーナーになるために必要な知識の宝庫で、 こういった知識を用いてトレーナーとして活躍している理学療法士もいるのです。

アスリートのトレーナーになることも

理学療法士になるためには?