理学療法士の仕事は?

理学療法士は身体機能が衰えた人に対してリハビリテーションを行い、運動能力を回復させることがメインの仕事となります。 英語ではフィジカルセラピストと呼ばれていることから、頭文字を取ってPTと呼ばれることもある資格で、国家資格となります。 具体的な仕事内容としては、運動療法や物理療法などの治療法を用いて、患者さんのリハビリテーションを実際に現場で行うことが仕事になり、 病気や障害の状態を確認しながら、適宜必要となるリハビリを行っていくことが主な仕事内容となります。

名前が似た資格として作業療法士がありますが、作業療法士は日常生活に必要となる機能を包括的にサポートしていくのに対して、 理学療法士は運動機能に特化したリハビリを行う資格になります。 理学療法士は独立開業をすることも可能ですが、多くの場合は、病院や診療所などに就職することになります。 この他にも身体障害者施設や介護老人保健施設、児童福祉施設、フィットネス施設なども求人を出していることがあり、こういった先に就職することもあります。

人気なのは病院への就職で、この場合、医師との連携や作業療法士、言語聴覚士といった他の有資格者との連携を取って、 患者さんの治療にあたることもあります。 理学療法士の需要状態は、供給が多くなってきていることによって飽和状態が近づいているという特徴がありますが、 介護の現場にて必要とされるようになると予想すると、市場は更に拡大しますので働き口が無くなるということは無さそうです。


◆管理人推奨サイト◆
実務を重視した授業展開を行っている専門学校です。この専門学校では理学療法士の資格を取得するための勉強をすることができます ⇒ 理学療法士 専門学校

アスリートのトレーナーになることも

理学療法士になるためには?